ファクタリングの気になるメリットとデメリットについて


ファクタリングとは、そもそも何なのか

ファクタリングとは、未回収の売掛金を買い取ってもらうことや、売買債権を保険にかけることなどを意味しています。これらは事業資金を得るために必要なことであり、ファクタリングというシステムは、企業にとって大きく役立つケースも少なくありません。

ファクタリングのメリット

ファクタリングのメリットとしてまず第一に挙げられるのが、資金を素早く調達できることです。銀行に融資を依頼した場合、審査が数週間かかるケースもあります。しかし、ファクタリングを行う専門会社に依頼すれば、たった1日で事業資金を振り込んでもらうことが可能です。さらに審査基準が柔軟であることも、ファクタリングの利点だと言えます。そもそもファクタリングとは、単純な融資ではないのです。債権を買い取った上での資金提供なので、ファクタリング会社側のメリットもあります。さらに、保証人や担保が基本的に必要ありません。その上、売掛金等の回収義務が無く、秘密裏に資金を調達することも可能です。売掛債権を売却して事業資金を得るファクタリングは、企業経営において大きな助けになってくれます。

ファクタリングのデメリット

様々なメリットがあるファクタリングですが、当然のことながらデメリットもあります。まず第一に、手数料が高めに設定されていることです。銀行から借り入れる場合は利子を支払う必要がありますが、ファクタリングの場合は手数料が発生します。この金額は、利子と比べて高いのが一般的です。また債権譲渡登記が必要となるケースがあることも、デメリットの一つだと言えるでしょう。

ファクタリングは、会社からの売掛金が手数料で減ってしまいますが即日資金化ができたりするので利用するのによいでしょう。