通信制高校は高卒?得られる資格の種類まとめ


通信制高校は高卒という資格が得られる

勘違いされがちなポイントとして、通信制高校で得られるのは高認ではなく高卒です。高認は高校程度の学力を有しているという証ですが、学歴が高卒になるわけではありません。一方高卒は最終学歴に高卒と書くことができますし、大学受験へも挑戦できます。学歴は資格とは異なりますが、やはり中卒と高卒なら後者の方が就職先も選びやすくなりますし、通信制高校へ通うメリットの一つと言えるでしょう。また、高卒の資格を得られるのは社会人にとって大きな魅力となります。今から定時制高校へ通うのは厳しい社会人にとって、比較的マイペースに通えなおかつ高卒という学歴を得られる通信制高校の存在は大きいのです。

高卒以外に得られる資格とは

通信制高校は独自のコースを用意している場合も多く、調理師や介護に関係する資格の取得を促している場合もあります。どんな資格があるかは通信制高校によるため、事前にホームページなどを参考にしてから選ぶと良いでしょう。また、資格の取得には相応の時間をかけなければならないケースも多く、通信制高校も単位を取得するまで卒業できません。どうせ時間を掛けるなら調理師免許など時間のかかる資格の取得を目指すというのも、無駄のない通い方ではないでしょうか。もちろん、学外で自主的に勉強することもできます。通信制高校は定時制高校に比べ自分の時間を確保しやすいので、目指したい資格があるなら自宅で勉強を始めてみましょう。うまく取得できれば、定時制高校生にはない強みを身につけることができます。

通信制高校を埼玉にするなら通信制の草加本校があります。不登校で悩んでいた生徒から自分に合う学校だ、楽しく通えるようになったと好評です。